ブレイクスルー思考とは

この2人は1990年に『新ブレイクスルー思考』を共著で発表した(当時)南カリフォルニア大学のナドラー教授と中京大学の日比野教授です。
 ナドラー教授は長年IBMのコンサルタントを務める傍ら全米IE協会の会長などもしており、1960年代には来日し早大で半年間ブレイクスルー思考の前身であるワークデザインの講義をしました。それ以来日本ではワークデザインの名が日本でも広く知られています。またこれを契機として、日本の名だたる企業や各地の大学にも広く普及し活用されるようになりました。
そのため現在でもワークデザインの名でこれを活用している場合もありますが、1980年代には共同研究者として加わった日比野教授とともにワークデザインをさらに進化させブレイクスルー思考として発表しました。

1950年ごろのワークデザインは文字通りワーク(作業)のデザイン(設計)として、主に製造現場の製造システムの設計で使用されていました。その当時はものづくり全盛(工業化時代)ですから、目的とは呼ばず(物の)機能(ファンクション)と呼んでいました(今でもファンクションと呼ぶ人もいます)
その後、時代は工業経済社会からサービス経済社会へと進展し世の中の関心もモノからサービスの担い手・受け手である人間となっていきました、そのためワークデザインも、モノの持つ普遍的な機能・一般解ではなく、人間の持つ目的、それもその時その場のその人のための特定解を創造するものと変化していきました。これは研究に日比野博士が加わったことによる影響が大きいものと推察されます。

下の図はブレイクスルー思考の、基本モデルです。
円周に配置してあるのが、ブレイクスルー思考における3つの基礎原則です。これらは常に思考の場で適用されていきます。
『ユニークさ』とは、すべての状況はユニークな違いがあるということです。早くから人間と人間社会の多様性(ダイバーシティ)を尊重する思考となっています。
『目的情報の原則』とは、最初から情報収集にH知るのではなく、思考を進めるに当たって必要最小限の情報を収集するということです。これにより思考や行動の生産性が向上します。
『システムの原則』すべてのモノ・ことをシステムであると認識することです。認知の枠組みを変えること(パラダイムシフト)で異なる世界が広がり異なる解決策が見えてきます。
円の中心が思考のプロセスを表現しこれは後述されます。
矢印はらせん状に上昇回転し続けていくことにも注目してください。
すべてのものは変化の中にあり静止状態ではありません。ブレイクスルー思考は常に最新再生・継続変革していく思考です。