あるべき姿/ビジョン創造法

変化の激しい現代において『過去の延長線上に未来はない』 過去や現実にとらわれず未来から学ぶあるべき姿を考えよう

【未来解フェーズ】
通常の思考でも未来への願望やビジョンとして【ありたい姿】や【なりたい姿】をイメージすることはあるでしょう。
イラストではカエルがジャンプしていますが、現実からスタートして思考をしている限りでは、せいぜいカエルのジャンプ=改善がやっとでしょう。
しかし変革やイノベーションを起こそうとするなら、現状を突破(ブレイクスルー)し、現状に束縛されない未来を創造しその姿を見なければなりません。

ブレイクスルー思考ではそれを、ひらめきや直感などの単なる思い付き願望としてではなく、思考のプロセスを踏むことで構造的に見えてくる理想状態として『あるべき姿』と呼んでいます。
これまでの思考で明らかになったその人の目的や価値観が満たされた状態を『べき』で表現し、誰でもブレイクスルー思考の思考手順を踏めば、あるべき姿にたどり着くことができることを表現しています。

現代のような激動・激変そして混迷の時代には、過去の延長線上を歩むことは非常にリスキーであり、そこに求める未来は見出すことは困難でしょう。
しかし誰かがリーダーとなりその方向性を示す必要があります。
あなたがブレイクスルー思考をインストールすれば、方向を見失っている周囲の人に未来やビジョンを明確に見せることができます。
ミケランジェロが大理石の中に彫りだすキリストを明確に見ていたように、私たちはイメージできないもの・見えないものは実現ができません。
その時あなたは真のリーダーとして未来への道を切り開き理想を実現できるようになります。

こうしてブレイクスルー思考は、これまで様々な新商品・新サービス・新たなビジネスモデルなどを開発し、様々な解決不能な問題に解決策を与えてきたのです。